カテゴリ:未分類( 7 )

2006年10月30日 はじめてのラ・ネージュ茶会

来た人にしか様子が判らないように、今回敢えていじわるに画像を載せていないんですが・・・。

さる10月30日(火)夜6時半開場、7時からラ・ネージュのお茶会#0(実験版)が行われました。

実はそもそも同時代の茶室を標榜するラ・ネージュでのすべてのイベントは「お茶会」のつもりだったんです。
そもそも室町時代のお茶会で皆さんに披露される軸や道具の数々が、実はとっても前衛的だったり、「提案」だったりしたわけですし、特に、薄茶席で正客の場所を示す為に置かれるのが“煙草盆”であるように、本来、お薄席というのは、煙草をたしなみ、お茶とお菓子を楽しみながらお話をして、楽しく時を過ごす場だったはずですから、「茶室」で「飲み物」や「食べ物」を楽しみつつ、現代アートを提案する機会=「茶会」のはずなので。
が、ここまではまだ「茶会」と銘打ってする勇気がなく・・。
何となく、◯◯コンサート や △△レクチャー 、××展覧会
という形でしてきました。

が、そうすると、私としては、お客様に◯◯や△△との出会い、××を提案、提示したくて催すのにも関わらず、◯◯ファン、△△ファンの方しか来られない・・という状況が生じてしまい・・。

◯◯コンサート、**ライブ・・はそれなりにやってきたので、そろそろ・・・と、お茶会と銘打って今回初めてやってみました。

が、今度はお茶会・・というと、「お茶会」と思ってお出での方しか・・ということも判りまして・・。
今回は、たまたまゲスト、というか、茶会における「掛け軸」のような方がJINMOさんだったので、JINMOさん側のウェブページでの告知が「現代の茶室ラ・ネージュでの昇天茶会ライブ」的な案内だったので、元々JINMOさんが来られるのを聴きにくるつもりでこられた最近のここでJINMOさんがされる時の常連的なお客様も中には予約なしで来られたりして、逆にその方々とお茶の精神との出会い、みたいな展開はあったわけですが・・・。

それでも、しぶとくお茶会として「何が飛び出すか、でも、体感しなければ判らないワクワクが必ず飛び出す見逃せない!」コトをやって行きたいと思いますので、とにかくお運び下さい。

ちなみに今回のお茶会の内容は:
待ち合い(下のサロン)にて皆さんお揃いになるまでお話しして次への期待を盛り上げていただく。
待ち合いでのウエルカム・ドリンクはネスプレッソの期間限定フレーバーのアップルシナモン。それに焼き栗の金平糖と丹波黒豆きな粉衣を。

階段の上り切ったところで花を見ていただく。
後述する追悼の意味と供されるアートへの期待を込め、菊をアレンジ。

上がった2階の空間には柳幸典のリトグラフ作品一点。

今回は、溺れたエビの検死報告書の山本たんげんさんのおばあ様の追悼も兼ねていたので、listen の "catch her beat"のお香を焚いて・・

JINMOさんによる筋書きのない、その時の感応によってのみ紡ぎ出される音楽の演奏。

終了後、また下のサロンでお抹茶(一保堂:京極の昔)とお菓子(駿河屋:秋の実り)を召し上がっていただきながら、皆さんで歓談・・・。

途中お茶が行方不明になる等のアクシデントで用意に余裕がなくなったながらも、皆さんのご協力で何となく終了。

先のお茶のお稽古と同じく、とにかくやってみてよかった!と、思ったのでした。

これからもっともっと充実させていきますので、是非お運び下さい♪
ここでしかありません!!

次回は12月6日(水)7時からです!

b0053625_1711502.jpg

by laneigereports | 2006-11-01 16:54

ラ・ネージュでのお茶のお稽古

さる10月19日(木)記念すべき、ラ・ネージュでのお茶のお稽古の第一回目が行われました。
何せ、10月15日に亭主が結婚式を執り行ったばかり。それを思い立ったのがその約一月前なので、その一ヶ月はその準備に大わらわ。その当日が3次会はラ・ネージュで旦那が釣ってきた魚を捌いてお客様に振る舞う。なんてことをやったものですから、亭主はアシスタントというより雑用係で食器や鍋を母屋から運んだり大忙し・・→就寝は2時半。で、その翌日は朝のゴミ出し、送り出し、後片付け、小P(判る人にしか判らない言い回しですみませんm(_ _)m)の理事会。その次の日は中学の合唱コンクールで鑑賞もさることながら、最後の出し物PTAコーラスの助っ人をぶっつけ当日のみ参加でOKという条件で頼まれてたので、朝からもらってたMDを必死で聴いて覚えてパート柄前列中央で歌い・・なんてことをしていたもので、グロッキーもいいところ。しかも、参加者が私の広報不足もあり、うちの三女、四女、そして私のみ・・ってことを前日に先生にお伝えし・・・。
当日、かなり体調不良でくじけそうになりながらも、逆に始まりはこんな風でいいかも!とにかく思い切って始めてしまえ!!と、気を取り直して、上から畳とその下地を下ろして準備を始め、倉庫から眠っていたお茶グッズを持ってきて、最後に駿河屋さんからお菓子を買って、ん?足りない?というものもあり、万全と言えないまでも準備完了。
先生も、前の予定が押して、着物で伺えないんですけど・・・と、連絡が→今の生活の日常に取り入れることができるお茶も目標の一つなので、望むところ!と、了承して、お稽古が始まりました。
小学4年の三女も、幼稚園の年少の四女も去年の初釜と今年の夏の野点バーベキューで興味を持っていたせいか、一日でご挨拶の仕方、お茶とお菓子の頂き方、袱紗をさばいてお棗をふくところまで行って、親の私が一番ビックリ!

日常にお茶、お茶の精神を取り入れる。お茶席に招かれた時に自然に振る舞えるよう。
というのが一番の主旨。
たまたま子供が習ってますが、決して「子供の為だけの」教室ではありません。
特に、これからそういう場が増えてきそう・・だけど、いわゆる教室は敷居が・・という方におススメです。
今のところここの開放的かつ変則的なお茶室でのお稽古が中心ですが、時には本格的なお茶室でのお稽古もしてみようと思っています。


今後の予定は、11月2日(木)、16日(木)、12月14日(木)、21日(木)、1月18日(木)とお稽古を積み、1月27日(土)か28日(日)に初釜をします。

1回3500円、午後4時〜8時の間にお越し下さい。お菓子の数の都合があるので、予約制です。
b0053625_15592219.jpg

by laneigereports | 2006-11-01 16:02

みちんもライブ!!050528

久しぶり!!のイベントはJINMO×遠藤ミチロウ=みちんもライブ!!
JINMO初体験、ミチロウ初体験、みちんも初体験、ラ・ネージュ初体験の2歳から八十余歳の人達の善男善女がここラ・ネージュに集結♪
聞いたことある曲もない曲も、すべて今宵この場限りの特別バージョンなのさ!!が実感できる、素敵なライブでした。
ラ・ネージュ3度目の登場のJINMOさんの「合奏」の時の表情が初めて見られたのも興味深かったです。
今回気合いを入れて、JINMOさんご推奨のeon買ったんですが、とってもいい音でした。
そもそも一歩入ればそこは非日常・・と言われるここラ・ネージュ。茶室が組み立てられればさらに異空間・・というのは既に体験済みでしたが、このような電気系統の機材を通した音が入るとまた別の異空間になるのがとっても面白かったです。
皆さん、色々な表情のラ・ネージュを楽しみに来て下さいね!
b0053625_974950.jpg

by laneigereports | 2005-05-29 09:13

ラ・ネージュ初釜・実験編

1月23日、実験的に行ったラ・ネージュ初釜・新年会の模様をアップします。写真係をきちんと決めていなかったので不十分ですが、薄茶席の様子、ミニコンサートの様子、投扇興の様子です。一階のエスプレッソ席、書き初め席、打ち上げの様子がアップさせられるように写っていないのが残念〜〜。
b0053625_1444269.jpg
b0053625_1451376.jpg
b0053625_1454284.jpg

by laneigereports | 2005-02-17 14:06

桐山建志バロック&モダンヴァイオリン二重奏コンサート041211-12

展覧会終了から一週間経たないうちに、桐山建志さんと大西律子さんのバロック&モダンヴァイオリン二重奏コンサート会場に!
この真っ白な空間に広がる音の世界もまた、至福の世界なのでした。
これは、前半のバロックヴァイオリンの最初のプログラムの一コマ。
同じ楽譜を二人で見て弾かれるのが新鮮でした。不勉強な私は、このように「しずかな湖畔の・・」の輪唱のように同じ曲を一小節遅れで弾き出す曲にこんな高度に美しい曲があるとは知らず・・。とにかく桐山さんが発掘→工夫して下さった二重奏のプログラムの数々に魅了され、正直なところ、まずソロからスタートして下さったので、次はヴァイオリン二重奏かと思って依頼したものの、ヴァイオリン二重奏って眠たいの多いしなあ・・・という一抹の危惧を見事に払拭してくださいました。(でも、そんなプログラムの二重奏尽くしなんて滅多にない機会なのだと思います。)
バロックモダンそれぞれのストリーミングビデオ版もありますが、しつこいですが、「生」をお聴きください!
明日は「器のある部屋展」IIIの搬入。毎日ギャラリートークがありますのでお楽しみに!
b0053625_18372982.jpg

by laneigereports | 2004-12-13 18:38

福田祥洲×野寺夕子 微熱花暦展を終えて・・

前回はまだ終了前だったので出し惜しみしていましたので、もうちょっと画像で報告します。
2階に上がった瞬間、こんな世界が繰り広げられていました。
b0053625_18211051.jpg

by laneigereports | 2004-12-13 18:23

福田祥洲(書)×野寺夕子(写真)  花  微熱花暦special  041201-05

野寺さんが見事!足場を使いこなし、場所を生かし切られ、祥洲さんも同じく場所を生かし切ってくださった会場の様子のほんの“さわり”がこれ。
色とモノクローム。そして、花と花。
祥洲さん×野寺さん・・なのですが、私はさらに×ラ・ネージュ だと(こっそり)思っています。
いつも打つことですが、この写真と、実際の状況はやはり“別物”です。
残るはあと一日のみで、特に明日の1時〜2時にはギャラリートークもあります。明日限りのこの空間を味わいに、是非是非お越し下さいませ!!
私の理想の美術館さながらに、今回は一階がミュージアムグッズ売り場になっております。
来週末にはバロック&モダンヴァイオリンのコンサート会場に変身!
この、移ろう様がたまらないんです。
是非是非ラ・ネージュの色々な表情をみてやってくださいませ。
b0053625_124197.jpg
b0053625_141076.jpg

by laneigereports | 2004-12-05 01:06