カテゴリ:Concert Series( 4 )

Symbiosis コンサート 050226

今年度のコンサートの最後を飾るのは、山本公成さんのソプラノサックスと片山旭星さんの筑前琵琶のユニット・Symbiosis。
公成さん、本当にソプラノサックスだけか〜?と思っていたら、案の定、石笛あり、アメリカ先住民の愛の笛あり(すみません。名前が覚えられていません。)、それに、2週間前のピーンと張って力強い薩摩琵琶と違い、絃のテンションゆるゆる(歌の弾き語りとなると、お声に合わせてもっと緩くなるのだそう。)の旭星さんの筑前琵琶が絡み、極上のひとときとなりました。
お二人のユニット名「共生」そのままに、今回、窓からの青空に雲の移ろいが楽しい午後の部は念願の“自然光”のままで、照明なしで行い、夜の部は、普段邪魔になる・・と消すことの多い、暖房のエアコンの音まで“共生”していたような気がしました。
そうそう。即興の一つのテーマである「雪」も降ったんですよ!
そこに集まった人、その時々の光・・とにかくそこに発する“気”から紡ぎ出される音楽を堪能しました。
写真は「ソプラノサックス」×「筑前琵琶」の一コマです。
早くストリーミングビデオをアップさせられるよう頑張ります。
b0053625_12121173.jpg

by laneigereports | 2005-03-02 12:12 | Concert Series

坂田美子薩摩琵琶コンサート 050212

先週土曜日に行われた坂田美子さんの薩摩琵琶コンサートの模様です。
3年前にお願いした際、琵琶と尺八の絶妙のコンビネーションに何の疑いも持たなかったのですが、その時のお話で、琵琶は普通琵琶のみで演奏されることが多い楽器、一つで完結するのだそうです。(そう言えばそうですよね。)と、いうことで、このコンビならではの琵琶と尺八の「祇園精舎」をストリーミングビデオに収めてみました。ストリーミングビデオはこちら
b0053625_14125265.jpg

by laneigereports | 2005-02-17 14:13 | Concert Series

通崎睦美マリンバコンサート041107

今やアンティーク着物の世界のファッションリーダー、また、エッセイストとして有名な通崎睦美さん。でも、その原点はやはりマリンバ。ラ・ネージュでは着物にハマられる以前からその“場”づくりに関わってもらっています。
そんなそれぞれの側面と通じながらもまた違った一面を見られるのはラ・ネージュならでは。
いつも魅力的なゲストとご一緒にこの空間が最大限に生きるように周到に考えてくださってのプログラムを携えて、よそよりももっとチャレンジングなことをしてくださっています。
これは、そんな一コマ。
トーク後に粘っていれば撤収のマリンバ解体現場なども見られてしまったり・・。(いつも見慣れている私は、初めて見る方が驚きで写真を撮られていた大分後になってシャッターを押したものの、サクサクの作業はもうほとんど終わりでここに出せる代物では・・になってしまいました。次回に「生」でどうぞ。)
レポートしながら全てに言えることですが、やっぱり“生”です。
ビデオはこちらから。
b0053625_11292829.jpg

by laneigereports | 2004-11-09 11:29 | Concert Series

麻植美弥子箏コンサート 041031

昨年に引き続き、麻植美弥子さん(箏・十七絃)×菅原潤さん(ピッコロ・フルート)の組み合わせでコンサートが行われました。
この5月にCDも出されたお二人の息はぴったり。迫力は当然ながらCD以上でした。
また、麻植さんもそうなのですが、菅原さんのお話がプログラム中も終了後のトークタイムにも炸裂!!楽し過ぎて、それらはとてもサイトで公開できるものではなく、こればかりはお越しいただき、実際に聞いて・・というか、お話ししていただくしかないですね。
人員不足でビデオからの静止画像しかないのが残念。これは登場後すぐの演奏前のトークの一コマ。和やかムードが伝わるでしょうか?
でも、お箏とフルートってさぞ穏やかなのでは?という偏見を吹き飛ばすような映像もこちらにご用意しました。
聴き逃したあなた!次回は是非「生」でご覧下さい。
b0053625_3105529.jpg

by laneigereports | 2004-11-09 03:16 | Concert Series