<   2004年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

桐山建志バロック&モダンヴァイオリン二重奏コンサート041211-12

展覧会終了から一週間経たないうちに、桐山建志さんと大西律子さんのバロック&モダンヴァイオリン二重奏コンサート会場に!
この真っ白な空間に広がる音の世界もまた、至福の世界なのでした。
これは、前半のバロックヴァイオリンの最初のプログラムの一コマ。
同じ楽譜を二人で見て弾かれるのが新鮮でした。不勉強な私は、このように「しずかな湖畔の・・」の輪唱のように同じ曲を一小節遅れで弾き出す曲にこんな高度に美しい曲があるとは知らず・・。とにかく桐山さんが発掘→工夫して下さった二重奏のプログラムの数々に魅了され、正直なところ、まずソロからスタートして下さったので、次はヴァイオリン二重奏かと思って依頼したものの、ヴァイオリン二重奏って眠たいの多いしなあ・・・という一抹の危惧を見事に払拭してくださいました。(でも、そんなプログラムの二重奏尽くしなんて滅多にない機会なのだと思います。)
バロックモダンそれぞれのストリーミングビデオ版もありますが、しつこいですが、「生」をお聴きください!
明日は「器のある部屋展」IIIの搬入。毎日ギャラリートークがありますのでお楽しみに!
b0053625_18372982.jpg

by laneigereports | 2004-12-13 18:38

福田祥洲×野寺夕子 微熱花暦展を終えて・・

前回はまだ終了前だったので出し惜しみしていましたので、もうちょっと画像で報告します。
2階に上がった瞬間、こんな世界が繰り広げられていました。
b0053625_18211051.jpg

by laneigereports | 2004-12-13 18:23

福田祥洲(書)×野寺夕子(写真)  花  微熱花暦special  041201-05

野寺さんが見事!足場を使いこなし、場所を生かし切られ、祥洲さんも同じく場所を生かし切ってくださった会場の様子のほんの“さわり”がこれ。
色とモノクローム。そして、花と花。
祥洲さん×野寺さん・・なのですが、私はさらに×ラ・ネージュ だと(こっそり)思っています。
いつも打つことですが、この写真と、実際の状況はやはり“別物”です。
残るはあと一日のみで、特に明日の1時〜2時にはギャラリートークもあります。明日限りのこの空間を味わいに、是非是非お越し下さいませ!!
私の理想の美術館さながらに、今回は一階がミュージアムグッズ売り場になっております。
来週末にはバロック&モダンヴァイオリンのコンサート会場に変身!
この、移ろう様がたまらないんです。
是非是非ラ・ネージュの色々な表情をみてやってくださいませ。
b0053625_124197.jpg
b0053625_141076.jpg

by laneigereports | 2004-12-05 01:06

展覧会前夜

みなさまこんばんわ〜〜。バタバタっと展覧会に突入してしまったら、思いの外(?)忙しくって、ネットに繋ぐ時間もほとんどなくなっています。今日もクタクタですが、あと一日ですし、終わるまでに何とかちょっと様子をお伝えしたくて。さらに年ほぼ一日だけ亭主(あ、旦那です。)不在の夜中、夜更かししてレポートを仕上げます。

これは、展覧会場の模様・・ではありませんが、舞台裏をお見せします。
以前、吉田一郎さんの展覧会前には3階の控え室とオフィスの北側の出っ張った部分に足場板を渡し、今日不在の旦那にフックをねじ込んでもらい、さらに吉田さんにそれを使って天蚕糸(へえ〜〜。てぐすって漢字で書くとこうなるんだ。そもそも「ひらがな」なのを不思議に思っていましたが・・・。)で作品を吊ってもらったことはありましたが、今回はラ・ネージュ史上初めて北側の壁の一番高いところから作品を展示することに。
その実現に向けての足場のことを建設資材をリースされていたお客様にご相談させていただいたところ、さらにそこの社長さんなら色々と考えてくださるはず・・とご一緒に場所を見に来てくださり、“簡単なもので何かありましたら・・・”とお願いして、出現したものが何とこれ!!
慣れた男の人二人でなら手際よく作業していただけるものながら、私一人ではとても・・・の代物で、恐縮・・。さらに、搬入後撤去する際にも、搬出の際にも再び足場を組んで、撤去する・・という作業でお手を煩わさなければならない・・ということに気付き、さらに恐縮・・・。
でも、女性である野寺さんが作業されることを考え、上から乗り移る際に恐怖心をあおる可能性のある横のスペースには足場板を固定して手をつけるようにするなど、これならほんとうに安心して作業ができます。
小林さん!ほんとうに、有難うございました!!
さて、ピースサインをしていた長女は結局怖くて乗り移ることができませんでしたが野寺さんは・・・。
撤収の際は小林さんご一行様が撤収してくださる横に私が乗り、ピンを取られる度にパテで埋めて行こうと目論んでおります。
b0053625_035070.jpg
b0053625_0352868.jpg

by laneigereports | 2004-12-05 00:38 | 展覧会