福田祥洲(書)×野寺夕子(写真)  花  微熱花暦special  041201-05

野寺さんが見事!足場を使いこなし、場所を生かし切られ、祥洲さんも同じく場所を生かし切ってくださった会場の様子のほんの“さわり”がこれ。
色とモノクローム。そして、花と花。
祥洲さん×野寺さん・・なのですが、私はさらに×ラ・ネージュ だと(こっそり)思っています。
いつも打つことですが、この写真と、実際の状況はやはり“別物”です。
残るはあと一日のみで、特に明日の1時〜2時にはギャラリートークもあります。明日限りのこの空間を味わいに、是非是非お越し下さいませ!!
私の理想の美術館さながらに、今回は一階がミュージアムグッズ売り場になっております。
来週末にはバロック&モダンヴァイオリンのコンサート会場に変身!
この、移ろう様がたまらないんです。
是非是非ラ・ネージュの色々な表情をみてやってくださいませ。
b0053625_124197.jpg
b0053625_141076.jpg

# by laneigereports | 2004-12-05 01:06

展覧会前夜

みなさまこんばんわ〜〜。バタバタっと展覧会に突入してしまったら、思いの外(?)忙しくって、ネットに繋ぐ時間もほとんどなくなっています。今日もクタクタですが、あと一日ですし、終わるまでに何とかちょっと様子をお伝えしたくて。さらに年ほぼ一日だけ亭主(あ、旦那です。)不在の夜中、夜更かししてレポートを仕上げます。

これは、展覧会場の模様・・ではありませんが、舞台裏をお見せします。
以前、吉田一郎さんの展覧会前には3階の控え室とオフィスの北側の出っ張った部分に足場板を渡し、今日不在の旦那にフックをねじ込んでもらい、さらに吉田さんにそれを使って天蚕糸(へえ〜〜。てぐすって漢字で書くとこうなるんだ。そもそも「ひらがな」なのを不思議に思っていましたが・・・。)で作品を吊ってもらったことはありましたが、今回はラ・ネージュ史上初めて北側の壁の一番高いところから作品を展示することに。
その実現に向けての足場のことを建設資材をリースされていたお客様にご相談させていただいたところ、さらにそこの社長さんなら色々と考えてくださるはず・・とご一緒に場所を見に来てくださり、“簡単なもので何かありましたら・・・”とお願いして、出現したものが何とこれ!!
慣れた男の人二人でなら手際よく作業していただけるものながら、私一人ではとても・・・の代物で、恐縮・・。さらに、搬入後撤去する際にも、搬出の際にも再び足場を組んで、撤去する・・という作業でお手を煩わさなければならない・・ということに気付き、さらに恐縮・・・。
でも、女性である野寺さんが作業されることを考え、上から乗り移る際に恐怖心をあおる可能性のある横のスペースには足場板を固定して手をつけるようにするなど、これならほんとうに安心して作業ができます。
小林さん!ほんとうに、有難うございました!!
さて、ピースサインをしていた長女は結局怖くて乗り移ることができませんでしたが野寺さんは・・・。
撤収の際は小林さんご一行様が撤収してくださる横に私が乗り、ピンを取られる度にパテで埋めて行こうと目論んでおります。
b0053625_035070.jpg
b0053625_0352868.jpg

# by laneigereports | 2004-12-05 00:38 | 展覧会

通崎睦美マリンバコンサート041107

今やアンティーク着物の世界のファッションリーダー、また、エッセイストとして有名な通崎睦美さん。でも、その原点はやはりマリンバ。ラ・ネージュでは着物にハマられる以前からその“場”づくりに関わってもらっています。
そんなそれぞれの側面と通じながらもまた違った一面を見られるのはラ・ネージュならでは。
いつも魅力的なゲストとご一緒にこの空間が最大限に生きるように周到に考えてくださってのプログラムを携えて、よそよりももっとチャレンジングなことをしてくださっています。
これは、そんな一コマ。
トーク後に粘っていれば撤収のマリンバ解体現場なども見られてしまったり・・。(いつも見慣れている私は、初めて見る方が驚きで写真を撮られていた大分後になってシャッターを押したものの、サクサクの作業はもうほとんど終わりでここに出せる代物では・・になってしまいました。次回に「生」でどうぞ。)
レポートしながら全てに言えることですが、やっぱり“生”です。
ビデオはこちらから。
b0053625_11292829.jpg

# by laneigereports | 2004-11-09 11:29 | Concert Series

一瀬ヨシロウ展 String 041104-14

初めての一階スペースを利用した展覧会が始まっています!
設立当初からなので、実に11年ぶりの正直。そもそも1階はカフェ的にして、カフェだと思って入って来たら、あらあらアートが・・という仕掛けで普段は全くそれと縁のない人達に触れてもらいたいと思って造っていたのです。
今はまだその仕掛けが適用できていませんが、やはり展覧会としての看板のみだと普通の人をおびき寄せて?「あらあら・・」というわけにはいかないようなので、期間中においおい“模擬店”感覚で実現できれば・・そして、いつしか常態になれば・・と思っています。
あまり気合いの入らないメニューでお気楽に・・・でいきたいな。
これまでの展覧会でおなじみの野村さんは「額」まで自作されますが、一瀬さんはBGMも自作。実はその為の楽器も自作されていたりして・・。
なので、展覧会ですが、ストリーミングビデオもあります。展覧会の告知ページもリニューして、そこからもっと様子が判るページにも行け、葉書にロールオーバーイメージも挿入しました。ご覧下さい。
b0053625_10584798.jpg

# by laneigereports | 2004-11-09 10:59 | 展覧会

麻植美弥子箏コンサート 041031

昨年に引き続き、麻植美弥子さん(箏・十七絃)×菅原潤さん(ピッコロ・フルート)の組み合わせでコンサートが行われました。
この5月にCDも出されたお二人の息はぴったり。迫力は当然ながらCD以上でした。
また、麻植さんもそうなのですが、菅原さんのお話がプログラム中も終了後のトークタイムにも炸裂!!楽し過ぎて、それらはとてもサイトで公開できるものではなく、こればかりはお越しいただき、実際に聞いて・・というか、お話ししていただくしかないですね。
人員不足でビデオからの静止画像しかないのが残念。これは登場後すぐの演奏前のトークの一コマ。和やかムードが伝わるでしょうか?
でも、お箏とフルートってさぞ穏やかなのでは?という偏見を吹き飛ばすような映像もこちらにご用意しました。
聴き逃したあなた!次回は是非「生」でご覧下さい。
b0053625_3105529.jpg

# by laneigereports | 2004-11-09 03:16 | Concert Series

JINMO LIVE 041026

2000〜2001年の途中まではしっかり報告も出来ていたのに、このところやりっぱなしで報告が出来ていないのがずっと気になっていました。ようやく報告をちゃんとすべく、ここにアップしていきます。随時過去のイベントもアップしていきますが、とりあえずは前を向いて・・ということで、第一弾として、一昨日にあったJINMOさんのライブ画像をお送りします。

LIve!なんですが、場所がラ・ネージュなので、サロンコンサートのようでもあり、何と言っても吹き抜けの天井に響く音がとっても素敵なんですよ。大聖堂でやっているような感じ。
私はある意味JINMOさんの世界がとっても生きる舞台なんじゃないかなって自負しています。

ほんのさわりのストリーミングビデオはこちらへ。

b0053625_1244940.jpg

# by laneigereports | 2004-10-28 12:43 | Live Series